”銀行系カードローン”の意味とは?

カードローンでよく聞くのが”銀行系カードローン”という言葉ですが、これはそのまま銀行カードローンのことを表す場合と、銀行系消費者金融のカードローンも含む場合があります。

銀行系消費者金融とは、メガバンクのグループ企業の消費者金融のことを表します。具体的にはプロミスやアコムのことで、銀行系とは言いながらどちらも有名な大手消費者金融です。つまり、大手都市銀行がバックに付いているというだけで、銀行カードローンとは全くの別物です。

よって、銀行が提供するカードローンだけを表現したい場合に銀行系カードローンという言い方をすると間際らしくなってしまうので、その場合は”系”を付けずに”銀行カードローン”でいいでしょう。

尚、大手消費者金融の中でアイフルだけは銀行系ではない独立系消費者金融です。銀行系ではないことから、手数料が無料で利用できる銀行ATMがない等のデメリットもありますが、大手都市銀行に頼らずともしっかりとした経営基盤ができていると考えることができます。

正直なところ、これらの大手消費者金融3社はどこを利用してもそれほど変わるものではありません。もし大きく変わるところがあれば、その会社しか利用されなくなってしまいます。その為、各社とも他社を参考にしてほとんど同等のサービスを提供していますが、唯一銀行系ではない独立系というところが魅力だと感じるようであれば、アイフルを選んでみるといった選択ができます。