カードローンを利用するときは、必ず計画的に!

急遽引っ越しすることになり、貯金もあまりなかったうえに生活費に困り、車検などもかさなってしまってどうしても足りなくなってしまったので、カードローンを利用してしまいました。
不必要なものをオークションで売ったり、リサイクルショップなどにも持って行きましたが足りず、カードローンを利用せざるを得なくなってしまいました。

本当にお金がなくて必要だったので、すぐに現金を借りられるというのはすごく助かりました。しかし、現金が手に入ったと錯覚してしまいがちで、あればある分だけ使ってしまいそうになってしまいます。その場しのぎだけです。

返済は利子も高いですし、利子ばかり払っているような感覚で、借金だけが残っているような状態です。返しても返しても残額が全然減らないのです。
借りるときは必ず計画的に、必要な分だけ借りるようにした方がいいと思います。いざという時にはすぐに借りられて便利ですが、借金をしているということを忘れないようにしないといけないです。

本当にキャッシング、カードローンをしてまでお金が必要かどうかを改めて考えてみてください。
キャッシングやカードローンをしているということは、借金をしているのと同じことなんです。借りても返済できるかどうかを必ず考えてから借りるようにした方がいいですよ。