キャッシングの審査を通るには期間が必要

キャッシングは契約する時と増額申込みをする時に審査を受ける必要がありますが、1からこの審査に落ちる原因を無くし通過率を上げるためには、時間というか期間が必要になります。

これは審査に時間がかかると言う意味ではなく、信用を得るために時間が必要という意味です。

例えば契約時の審査では、どのキャッシング会社でも勤続期間を判断材料にします。

勤続期間が短ければコロコロと職を変え、収入が不安定になり、返済にも影響が出るかもしれないと見られるので、勤続期間でキャッシング会社の信用を得るには一定以上の勤続期間が必要です。

増額申請のときには、お金を借りて返済している期間を見られます。

その時の限度額まででも返済が滞るのに増額を申し込んでも、増額申請は絶対に通りません。

なので増額申申請には延滞せずにキッチリと返済を続け態度を見せて信用を得る必要があります。

それぞれどれくらいの期間が必要かは会社によって違いますが、勤続期間も安定した返済期間も、半年が一つの目安になるでしょう。